バンブーブレード 第17話「光と陰」について語る

先週はたまちゃんが倉庫の中に閉じ込められたところで終わりました

b0117207_10111353.jpg

頑張って手で開けようとしてみたり、体当たりをしてみたりと、とにかく出ようと試みましたが扉は全く開きません(扉に跳ね返されたたまちゃんもまたかわいい・・・)

しかしそこで意外な人物が助け出してくれます

b0117207_10152440.jpg

極悪人・小西

先週はあんなにひどい女だったのに今週は別人のようにいい人になってます

試合開始時間が近づいてきたため、急いで2人は体育館に戻ります

b0117207_10224690.jpg

小西「こっちの方が近いわ!」(誘導中)

小西「急いで遅れちゃう!」(誘導中)

小西トラップ発動!

b0117207_10253220.jpg

テニスボール!

何かいい感じで足を捻ってますね

見事に小西の策にハマったたまちゃんですが、これにより足を痛めてしまいます

小西「危ないわねー。こんなところにボール置きっぱなしって」(棒読み)

さらに糸目が本性を現す時の定番である開眼

おそらくバンブー史上最悪の「悪」でしょう・・・

いや・・・

あのレイミの母親である通称クソババアもかなりの悪さだな

とりあえず試合開始には間に合いますが、怪我のことは誰にも言わないたまちゃん

そういうことを黙っているのはたまちゃんらしいです

そんなうちに試合は始まってしまいましたが、そこでたまちゃんはある教えを思い出します

b0117207_10521335.jpg

タマ父「やましき心を持つものは強くなれない!」

この人はたまちゃんに関して以外ではとても真っ当なことを言います

一応剣道家としてはすごいんだろうし・・・

たとえ娘のストーカーをしてても・・・

そしてたまちゃんも決意します

b0117207_1058188.jpg

「父さん、この人は剣道家じゃないです!」

「私は必ず倒します!」

バンブー始まって以来のたまちゃん初の本気モードです

試合の様子は後半でまた取り上げるとして、第一試合目はもう始まっています

先鋒は我らが東ちゃんなわけですが・・・

b0117207_11101785.jpg

昼ごはんの食べすぎで腹痛・・・

先週弁当と間違えてセガサターンを持ってきた東ちゃんですが、みんなのやさしさにより弁当を大量におすそ分けしてもらいましたが、それがアダとなりました

「私バカだから何も考えず食べて、食べて、食べて、食べて、食べて・・・」

b0117207_11142992.jpg

「げっぷー」

そんな腹痛東ちゃんですが、相手もその殺気を感じてか、迂闊に飛び込めません

そりゃ、腹痛いときの殺気というものは尋常じゃありません(経験談)

基本周りが見えなくなり、正直邪魔だとすら感じます(経験談)

でも人間が一番を発揮するのは腹が痛いときだと俺は思っています

トイレを探すときの研ぎ澄まされた感覚は普段なかなか出せるもんじゃないです(経験談)

何ていうかH×Hの円を使うような感じなんですが・・・

とそんな俺の経験談はさておき

みんなが応援してるこの試合!

ダン君「セガサターンも見てるぞー!」

セガサターンも今日から晴れて室江高の一員になれました

そんな中、先に小手を入れられてします東ちゃん

ですが・・・

b0117207_2014327.jpg

「楽になった!さとりに春が来ましたよ~」

どうやら引っ込んじゃったようです

チャンスは今しかないと、すかさず攻めようとする東ちゃんですが

b0117207_20341585.jpg

また波が来たー

もう限界のようです・・・

さすがの相手もこのチャンスを逃すはずもなく、必殺技!

b0117207_20375942.jpg

朧蜜蜂!

技に名前をつける

これ、中高生の常識

ということでもう東ちゃん終わった・・・

と思ったら

b0117207_20433187.jpg

ま、まさかー

いや、波が通り過ぎただけでした・・・

てっきりやってしまったのかと・・・

さすがにこんなアニメでそんなことをさせるわけもなく、その後見事胴を取りますが、やっぱりまた波が来てしまい、引き分けに終わります

何ともきわどい話でしたが、セガサターンの描写がおもしろすぎたのでOKです

あと今後東ちゃんには、こんな不幸な役回りをさせないでほしいものです

さて今日は大将戦まで行くのにまだ先鋒しか書いてません

もう東ちゃんのことを十分書いたから、次からはささっと・・・

次鋒はミヤミヤです

b0117207_20594894.jpg

序盤はミヤミヤ押しだったのですが、突如レイミが現れたせいで、ミヤミヤの調子がガタ落ちです

てかこの画像の配置は誤解を生むかもしれません

これじゃあまるでレイミに「きゅん」してるみたいじゃないか・・・

ちなみにこれはミヤミヤが負けて励ましてくれたダン君に対してであり決してレイミにではないです

次は中堅戦ですが、たまちゃんと小西のNT同士の会話の描写がメインで描かれていたため、ほとんど試合過程を映されることなく、なんとなくサヤが勝利してしまいます

原作者とスタッフはサヤに対しては全く愛がないように思えます・・・

残酷ですね~

次は副将戦のキリノです

先ほどから続いて、好調な状態をキープしてるキリノ

楽勝でキリノの勝利です

さて次は大将戦のたまちゃんですが・・・って早っ!

この試合での2年生2人は空気でした・・・

引き分けの東ちゃんと負けたミヤミヤの方が全然目立ってました

2年生2人は今後に期待です

その大将戦ですが、小西がいきなり強引に攻めていきます

が、

たまちゃん覚醒!

b0117207_21203981.jpg

「キャアアアアーーーッ!」

普段は大人しいたまちゃんが・・・

キレました!

普段大人しい人ほどキレると恐いといいますが、まさにこのことです

そして更なる恐怖が小西を襲います

b0117207_2126159.jpg

b0117207_21265352.jpg

「アトミックファイヤーブレード・・・」

喉元に突きを食らった小西は見事に吹っ飛びます

そして倒れた小西に手を差し伸べるたまちゃんはもう恐すぎです

この肉体と精神のダブルパンチのより小西は、もはや何も出来ません

そこにたまちゃんの足の様子を見たコジローが立ち上がり・・・

今週終了!

何かこの感想毎週、毎週段々長くなっていってる気が・・・

今週は明らかに東ちゃん頑張りすぎた

東ちゃん1人だけで他の4人を合わせたのと同じくらいの割合になってます

もう俺は止められません

てことで来週はさらに長くなるんでしょうか?

もう簡潔にまとめられるように努力するなんて言いません

無理

まあ、そんなこんなでまた来週~
[PR]

  by yuhei7kurousa | 2008-01-30 21:37 | アニメ

<< 散策 時代はミニ四駆 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE